合格しやすい小型船舶免許

小型船舶免許は合格率が90%を超える取得しやすい資格です。実技試験や学科試験の他に身体検査もありますが、失格になるケースあまりありません。主に内科検診が実施され、後は視力検査と色覚検査です。例えばエンジンを使っている水上ボートには、小型船舶免許資格が必要となります。

また1級と2級に分かれており、まずは2級から取得すると良いです。小型船舶の範囲ですが、総トン数が20トン未満の船舶と決まっています。他にプレジャーボートと呼ばれ、別の規定があるのが20トン以上の船舶です。気軽に釣りやクルージングを楽しみたいなら、20トン未満で十分だと言われています。

小型船舶免許があれば、海岸から5海里以内のエリアで運転可能です。海遊びの入門として、ボート免許を取得することもよくあります。小型船舶免許は、地域によって講習開催日や国家試験日の日程が別です。講習会が直近であるなら、およそ1か月で船舶免許が取れます。

受験コースに掛かる費用は2級船舶操縦士なら、学科や講習料と試験手数料を含めて10万円前後です。自動車運転免許より取りやすい資格なので、若者の受験も増えています。1級と2級の違いは、操縦できる海域範囲や船舶の種類です。1級小型船舶免許になると、航行海域エリアは無制限になります。

人気のモーターボートやホバークラフト、さらにエンジン付きのヨットも操縦可能です。海がある県なら小型船舶教習所があり、実習もしてくれます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*