小型船舶免許について知ろう

小型船舶免許には、いくつかの種類があります。免許の取得を検討している人は、まず自分にはどの資格が必要なのかを考えなくてはいけません。小型船舶免許の中でも、最も一般的であると言われているのが2級小型船舶免許です。総重量が20トン未満のボートと、用途が限定されている長さ24メートル未満のボートを操縦することができます。

ただし人気の高い水上バイクを操縦することはできないため、注意が必要です。また2級には航行できる区域に制限があり、海岸から5海里以内と定められています。この範囲内で釣りなどを楽しみたい、と考えている人には最適の免許であると言えるでしょう。小型船舶免許を独学で取得したいと考えている人は多いです。

独学で免許を取得するためには、学科教本と実技教本が必要となります。教本で勉強をして、十分な知識を身に付けることが大切です。合格に必要な知識が確実に身に付いたと感じたら、願書を取り寄せて出願します。願書を取り寄せる際に、受験の日程や会場を選ぶことが可能です。

あらかじめ予定を合わせておくとスムーズでしょう。願書が届いたら、最初に学科試験を受験する流れとなります。学科試験が終了したら、指定された船で実技試験に挑みます。試験に合格したら、1年以内に最寄りの運輸局に免許を申請することで小型船舶免許は発行されるのです。

申請する際は、写真や住民票の写しなどの書類が必要となるため予め確認しておきましょう。免許が手元に届き次第、船舶の操縦が可能となります。小型船舶免許のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*