小型船舶免許の試験に落ちた場合の確認ポイント

小型船舶免許の試験に挑戦したものの落ちてしまった場合は、どこに問題があったか振り返って確認することが大事です。学科はクリアできても実技で落とされてしまう人は案外いますし、意外なところにその理由があったりします。学科がクリアできない人は基本的に勉強不足で、要点を押さえることができていなかったり、試験の問題をしっかりと読んでいない可能性が高いです。学校のテストに抵抗感がある人でも、小型船舶免許はそれほど難しくありませんし、受験勉強と比べれば誰にとっても易しいはずです。

しかし自信がなかったり落ちるイメージしか頭に湧いてこない人は、小型船舶免許の学科をクリアするのが心理的に難しくなってもおかしくないです。小型船舶免許の実技は、手順通りに行っても不合格にされてしまうことがあるので、理由を理解して注意することが求められます。例えば服装がボートの操船にふさわしくないと判断されたり、タバコを吸ったりポケットに手を入れるなど、態度が良くない場合も不合格になりやすいです。声出しは安全確認の意味で重要性が高いので、声を出す時はしっかりと大きく、遠くにいる人にも分かるようにしたいところです。

操船時のスピードも実は小型船舶免許の合格、不合格に関わる重要なポイントで、気持ちゆっくり目に操船した方が合格しやすいといわれています。その方が落ち着いて操縦をしているように見えますし、冷静に判断できる印象が与えられますから、合格率が上がりやすいというのも頷けます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*