思っているよりも簡単に取れる小型船舶免許

イメ―ジ的な事もあるかもしれませんが、小型船舶免許というと難しそうな感じもするかもしれません。芸能人で言うところの、嵐の大野君やタモリさんや加山雄三さんが持っていることでも知られていますが、富裕層の楽しみというイメージもあったりで敷居が高いと感じることもあるでしょう。しかし実際には難易度はそんなに高くありませんし、意外と簡単に取れてしまいます。特にお勧めしたいのが、国から認可されている教習所での講習です。

実技に関しても学科に関してもですが一定の講習を受けると、国家試験が免除されるという内容です。これは非常に大きなポイントになりますし、講習の段階でうまく出来ない場合はそこで時間がかかるかもしれませんが、基本的には取得する際にかかる日数が決まっていますのでそのタイミングで取得出来るでしょう。国家試験が必要になるパターンは、自分で学科を勉強していき、あとは実技はスクールなどを利用して講習を受けます。そして国家試験を受けに行くという事ですので、合否はその時にわかります。

そのため場合によっては不合格になってしまうこともありますし。試験を受けたからと言って受かるわけではありませんので要注意です。費用を抑えるのか、それとも確実に受かる方をとるのかという選択肢が出てくるでしょう。基本的には国家試験を受けても小型船舶免許はそこまで難しいものではないですし、小型船舶免許の合格率は高い事でも知られています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*