小型船を操縦できる小型船舶免許を取ろう

海に関する資格を取りたいと思った場合に、船舶免許を思い浮かべる人も多いかもしれません。比較的短期間で取得することができ、仕事だけではなくプライベートなど、多くのシーンで役立てることができるでしょう。一般的に船舶免許の正式名称は、小型船舶操縦免許と呼ばれるものです。これが国土交通省が認定する国家資格に当たります。

この小型船舶免許を持っていることにより、小型船舶に船長として乗船することができるようになります。総重量20トン未満の船舶を運転できるものが小型船舶免許であり、スポーツやレクリエーションのみに使用されるものなども、小型船舶免許で運転することが可能です。種類は大きく分けると3つのものに分けられますが、その中でも制限なく高校ができるものが1級です。水上オートバイを楽しみたい人向けに作られているものが特殊小型船舶操縦免許と呼ばれるものであり、これは水上オートバイ専用の免許となっています。

湖や川、海岸から約3.7キロほどの場所まで航行が認められているものです。水上オートバイの操縦をしたいとなった場合には、この特殊小型船舶免許を取得する必要があります。15歳9ヶ月から受講することができ、水上オートバイ専用でもあるため、ボートの操縦ができないことを覚えておきましょう。2級は小型船舶免許の中では最も人気となっています。

手軽にボートやヨットなどのマリンスポーツを楽しむことができるので、1番人気の免許です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*