船舶免許でクッキングスキルも高めよう

日本ではいま、全国各地でいろんな趣味を持たれる方が増加をしています。以前はゴルフやパチンコ、マージャン程度が会社員の娯楽で趣味だといわれていましたが、2000年以降は多様化を極めており、いろんなレジャーが登場するようにもなったわけです。そのなかでセレブが嗜むものというのが、マリンレジャーです。島国である日本は幸いにも、海で遊べる環境がどこでも手に入るのでセレブ以外でも挑戦をする方が多い傾向です。

ここでは少し面白い楽しみ方をご紹介します。それは船舶免許を取得して、料理をするということです。一見するとまったく関係性のない娯楽のように見えますが、決してそうではありません。まず料理で使用する食材というのは、大半が魚介類だということは誰でもご存じです。

イカやタコのほか、魚などは和食には欠かせません。それをとるためにには、船舶免許を有して船を出すわけです。通常は市場や魚屋で手に入れる素材ですが、自分で新鮮なものをとってその場で調理をしたいと思いませんか。これが実現できるのが、船舶免許です。

国内では海上保安庁で手に入れることができ、認可を出している専門スクールに行っても可能です。中型なら1日の講義と実習のみで手に入るので、さほど難しいものではありません。趣味というスタイルでクッキングスキルを磨きたいという場合でも、自身の船の上でそれを実現することもできます。三枚おろしから刺身まで作れること間違いなし。

船舶免許のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*