船舶免許は10代受験して取得できる

船舶免許は小型のボートを対象としている免許ですが、2級であれば満15歳9月で受験して、満16歳になって免許を受け取ることができます。つまり、10代の早い段階で受験や取得が目指せますから、何か資格を取りたいと考えている人にとって、船舶免許は狙い目となります。外洋に出られる上位の1級小型船舶免許も、満17歳9ヶ月で受験、満18歳で免許を取得することが可能です。親御さんにとっては、小型とはいえ海岸から離れたり外洋に出られる免許の取得は不安になるものですが、不安であれば湖川小出力限定免許のように航行区域が限定される免許の取得検討をおすすめします。

特殊小型船舶免許は水上バイクのみ操船が認められる免許なので、難易度的には低いですし、それでいて実用的なのが魅力だといえます。小型船舶免許は両目の視力が0.5以上、一定以上の色覚と聴覚があれば受験をしたり免許を取得することができます。身体検査で疾病や障害などのチェックが行われますが、特に持病や身体機能に問題がなければ、受験資格については心配ないと思われます。学科は操船のや交通のルール、一般的な運航についての内容が中心で、一級は更に上級運航の1と2の項目が出題されます。

出題数は湖川小出力限定で30問、2級でも50問くらいですから、試験は60分もあれば終わりますし、目指す合格点もそれほど高くはないです。実技は実際にボートや水上オートバイを使って試験が行われるので、しっかりと知識を頭に入れておき、本番当日集中して試験に取り組めば合格できます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*