船舶免許を必要とする人について

船舶免許は主にボートの操船に必要な免許なので、クルージングやフィッシング、水上バイクを趣味としている人に向いています。一級小型船舶免許は外洋まで出ることができますから、見渡す限り海という環境で釣りを楽しむことが可能となります。二級は航行区域が制限されるのであまり遠くには出られませんが、それでも一級に近い広範囲での遊びが楽しめます。水上バイクに対応する小型船舶免許は限定なので、ボートの操船はできませんが、逆に水上バイクに乗れればOKという場合は比較的簡単な学科と実技試験で免許が取得できます。

おすすめなのは海の普通免許などと呼ばれている二級で、難易度的にもバランスが良くて持っていると何かと便利です。小型船舶免許は船長としてボートなどを扱う資格ですから、自分で船を操船して運航することになります。ボートを所有していなくてもレンタルで借りられますし、一級や二級だと20トン未満のボートの操船が可能ですから、本格的なクルーザーを借りて操船を楽しむことも実現します。一度取得した免許証は、5年ごとに更新が必要となるものの、免許そのものは終身有効なので一生ものとなります。

万が一免許証の更新を忘れると、再交付の為に講習を受ける必要がありますし、費用も更新と比べて多く掛かるようになるので、更新忘れについては注意が必要です。小型船舶免許は、自動車と違って日常的に使う免許ではないので、意識的に活用したり早めに更新に備えることが大事です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*