コロナ禍で船舶免許の人気が上昇

コロナ感染症は、人々のレジャーのあり方をかなり変化させてしまいました。コロナ禍前は、大勢の人が集まるようなレジャーも人気がありましたが、コロナ禍以降では、そのようなレジャーは敬遠される傾向があります。この傾向は今後も長く続いていきそうな気配なので、それぞれがアフターコロナ時代に対応したレジャーを模索していく必要があるかもしれません。そんな中、アフターコロナ時代におすすめなレジャーとして注目されているのが、マリンレジャーです。

マリンレジャーと一口に言っても色々ありますが、小型船舶に乗って行うレジャーが、アフターコロナ時代において人気が上昇しています。小型船舶を使ったレジャーは密な状態になりにくいですから、感染症にかかるリスクは低くなるでしょう。実際にコロナ禍になってから、船舶免許を取得する人の数が増えたと言われています。船を操縦できるようになる船舶免許は、取得するのにお金がかかりそうとか、試験が難しそうと思っている人が多いですが、実際は取得するためのハードルはそんなに高くありません。

数日の講習を受けて最終試験にパスすれば取得できるので、自動車免許よりも簡単に取得できます。費用も15万円くらいで取得できます。船舶免許を取得するスクールには、国家試験免除スクールと、免除にならないスクールがありますが、試験免除スクールの方が信頼性が高くおすすめです。試験免除スクールは監督官庁のチェックが入っているので、質が担保されています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*