船舶免許を取得することで幅が広がる

船舶免許を取得することで、合法的に船舶を操縦することができるようになります。モーターボートは特殊小型、制限なく小型船舶が操縦できる1級小型船舶操縦士などがあります。それぞれ免許の種類によって操縦可能な船舶の種類や大きさなどが異なるため、必要な船舶免許を取得しなければなりません。これらの船舶免許を取得することで、操縦できる船舶の幅が広くなりますが、一定範囲何であれば免除を取得しなくても乗れる船舶はあります。

長さが3メートル未満、出力が1.5kw未満、プロペラ回転緊急停止機構を備えているの3つの条件をすべて満たしている船舶です。趣味でちょっと釣りをするくらいであれば、取得しなくても楽しむことはできます。小型とはいえそれなりに大きな船舶を操縦できるようになるので、免許を取得すると幅が広がります。したがって、目的に合わせて取得を検討すると良いです。

船舶免許は試験を受けて合格するか、合格が免除になるスクールに通うかの二つの選択肢があります。前者の場合でも、全く練習することなく合格することは難しいため、合格が免除にならないスクールを利用するのが一般的です。こちらのタイプのスクールは、安く受講できるメリットがありますが、その分指導時間が短いといったデメリットもあるので、最初からしっかりと学んで実力を身に着けたいと考えているのであれば、試験が免除となるタイプを選んだ方が良いです。時間や予算などに合わせて考えていきましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*