船舶免許のヨットの乗り上げ問題

船舶免許を取りたい場合にはその問題を明確にしておくことが必要になりますが、決して問題自体はそれほど難しいものではありません。船舶免許の問題は、百点を取る必要はないです。そして4択の問題になるため、記述式の問題もなく自動車の運転免許証取得する場合と同じでしょう。しかも自動車の運転免許証取得する場合のように、少しひっかけがあるようなものでもなく比較的直の問題が出題されます。

中には、ほとんど知識がなくても解けるような問題が何割かは知っていますので普段から今まで勉強してきた人であれば船舶免許の勉強することしていなくても合格できる可能性があります。大樹にどのような問題があるかと言えば、例えば4つの乗り上げをする場合、その中でトラブルが発生するケースがあります。4つの乗り上げをする場合どのような原因が考えられるかと言う問題が船舶免許の問題にあるわけです。その中で、例えば選択肢の中に船位不確認やモーターの起動の不確認と言うものなどがありますが、答えは前者になります。

この辺に関しては、なぜそのような場面でトラブルが発生しやすいかを知ることで、少なくとも選択肢のうち半分ぐらいは切ることができるため後は50%の問題になるでしょう。そしてどちらが常識的に近いかを考えたら、簡単に答えを出すことができる問題もあります。ただ、やはり知識として持っていかなければいけない部分もあります。なんとなく常識だけで判断してしまっても、答えを出すことができないものもあるわけです。

この場合は、その部分だけ徹底して勉強しましょう。船舶免許のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*