小型船舶免許の区分と価格

小型船舶を持っていれば、週末に海上ツーリングをして釣りやマリンレジャーを楽しむことが出来ます。彼女をデートに誘う時にボートに乗って海を満喫しようと誘えば、マンツーマンでは警戒されるかもしれませんがグループ交際ならばよい誘い文句になるのです。経済力のアピールになりますし、船を持っているアクティブさや操船するところを見せれば良いイメージを持って貰いやすくなります。船を所有して運転するだけで、モテる要素を演出することが出来るのです。

7人乗りのボートで約500万円程度で、年間の諸経費は30万円から50万円程度になります。初期費用はかかりますが、高級クラブでお酒を飲んだりゴルフで遊ぶことを考えれば、投資額に見合ったリターンはありそうです。女性を口説く時だけではなく、取引先との友好をする時にも使えるかもしれません。小型船舶免許は大きく分けて4種類です。

船舶免許は1級から2級2級淡水用、水上ジェットスキーなどの特殊までの4種類になります。海上用の1級と2級は24メートルクラスの船まで運転が可能ですが、フルサイズの豪華船ならば数千万円ではなく桁が違って億円クラスになります。このクラスの船はかなりの富裕層しか所有出来ないでしょう。中古の釣り船で5人クラスならば、中古車と同じぐらいの値段で購入出来ます。

船舶免許を取ってお金を貯めれば十分にオーナーになることが出来るのです。富や名声や恋愛目的でボートを所有するのもいいかもしれませんが、純粋に釣りを楽しむのでも海遊びはいいものです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*