船舶免許を取得するにはどうすればいいのでしょうか

エンジンがついたボートや水上バイクは、船舶免許を持っていないと乗ることはできません。そしてここで知っておきたいのは、ボートに乗る時の免許と、水上バイクに乗る時の免許は別々だということです。ボートの免許で水上バイクには乗れませんし、水上バイクの免許でボートに乗ることもできません。では船舶免許を取るにはどのようにすればいいのでしょうか。

取得には国家試験を受けることになるので、まずその準備をしましょう。ボートスクールなどで行われている講習を受けるか、登録小型船舶教習所で受講をするかのどちらかになります。教習所の場合受講後修了試験があり、合格すると国家試験が免除となります。また学科試験は自分で勉強して、実技試験だけ受講することも可能です。

実技試験は実際にボートを操縦するので、自分で準備するのは難しいからです。もちろんその前に、ボートか水上バイクか、どちらの免許を取るのかを決めておきます。ボートの免許には1級と2級があって、それぞれ操縦できる海域が違います。1級の方が沖合まで出て操縦することが可能ですが、最初に免許を取る場合は2級の方がいいでしょう。

海の普通免許とも言われていて、最もポピュラーな船舶免許です。試験の前に身体検査があります。海上での船の操縦に必要な身体能力として、視力と色覚と聴力がその対象となっており、視力は矯正で両眼が0.5以上、色覚は夜間の船舶の灯火の色を見分けられるかどうかが調べられます。聴力は5メートル離れて、普通の大きさの声を聞き取れるかがチェックされます。

この聴力検査は補聴器を使うことができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*