船舶免許の教習所であるトラブル

船舶免許を取りたいがために教習所に行く人は少なくありません。船舶免許の教習所の中では、自動車の運転免許の教習所などと異なり比較的規模が小さいところが多いです。そのような教習所に行く場合には、実際どのようなトラブルがあるでしょうか。トラブルの一例としては、船舶免許を取得するときに予約が入ってしまっていることです。

つまり、既に予約を入れたと考えていたところ、教習所側の手違いで入っておらず自分の名前が登録されていなかったと言うことがあるかもしれません。このような場合には、特別対応をしてくれる可能性があります。明らかに悪意があるわけではありませんが、教習所側の過失の問題があります。特におっちょこちょいのスタッフが存在すると、その人が間違えてしまう可能性があるわけです。

予約を取っていないので取ったことになり、足が空いているので今度は別のスタッフが空いているところに別のお客さんを入れて、一直最初のお客さんはぶれてしまいます。その場合には、そのまま来てもらった生徒に対してしっかりと対応しますのでそれほど心配する必要はありません。ただいずれにしても、このようなことが起こった場合、その教習所の対応の仕方によって信頼が生まれる場合もあれば、不信感しか生まれないような場合もあります。後者の場合は非常に最悪であり、なんとかしなければいけませんが、いちどでも信頼を失うとやはりあっという間にその人気が落ちてしまうため、確実に採用することが必要になります。

このようなこともありますのでよく気にしておきましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*