船舶免許の種類と選び方

船舶免許は一級と二級、特殊小型船舶という種類があって、それぞれ特徴と選び方のポイントがあります。一級船舶免許は基本的に二級と同じで総トン数20トン未満までの船舶の操縦が可能ですが、一級は二級と違って航行区域の制限がないです。つまり外洋に出ることができて海を独り占めするような楽しみ方ができますから、何もない海でマリンレジャーを楽しみたい人に最適です。二級は平水区域および海岸より5海里以内の制限があるものの、本格的に外洋を目指さないのならこれで十分です。

一級・二級共にクルージングや釣りを趣味としている人におすすめですし、いずれかを取得しておけばいつでもクルージングをしたり、海釣りを楽しむことができます。船舶免許の特殊小型船舶は、特殊小型に分類される水上オートバイに限定される免許なので、水上オートバイに乗るなら必須です。その理由は一級や二級の船舶免許に水上オートバイの操縦許可が含まれていないからで、ボートやヨットに加えて水上オートバイにも乗ろうと思えば、必然的に特殊小型船舶免許も必要になるからです。流石に釣りはできませんが、クルージングに近い爽快感ある走りが楽しめますから、気軽にマリンレジャーをしたい人にもおすすめです。

水上オートバイは移動の足としても便利ですから、免許があると海での生活が快適になりますし、少し珍しい免許なので自慢になると思われます。名前に特殊とつくのも魅力的ですが、一級や二級を含めて実は試験の難易度はそう高くありませんから、誰でも合格を目指すことができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*